顎関節症の治療(矯正治療)2

初診時年齢 32歳

主訴:歯並びが気になる

よく問診したところ,口を開けるときに右のあごが鳴り,時々痛むことがわかりました.

顎機能精密検査による総合診断を行ったところ,あごの関節がずれており,歯列不正,開咬(上下の前歯があたっていない)によりあごの関節に不調をきたしていると診断しました.

スライド136

顎機能検査(アキシオグラフ)を結果,口を開けるときにあごが横にずれていることがわかりました.

顎機能写真の結果 あごが右にずれていることがわかりました
顎機能写真の結果 あごが右にずれていることがわかりました

歯列不正,開咬による顎関節症と診断し,矯正治療を行いました.

あごのずれを補正するとともに,審美性の改善も治療の目標としています.

当院の矯正治療は抜歯を行わない矯正治療です.

装置を装着したところです
装置を装着したところです

治療期間は約1年半,見た目の歯並びも良くなりましたが,小学校のときからのあごの音も良くなりました.

矯正治療終了後
矯正治療終了後
スライド140
術前,術後の比較

歯並びが気になるとのことで来院されましたが,あごの症状もなくなりご満足いただいております.

当院では,見た目の歯並びの改善はもちろん,顎関節症の治療としても矯正治療を行います.